楽な仕事

楽な仕事・職業ランキング正社員おすすめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日会社に行くのが辛い!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理由は様々ですが・・・営業ノルマ・人間関係・サービス残業など問題山積みの会社とはさようならしたい・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・楽な仕事を見つけるならおすすめ職種・併せて相談窓口をご紹介してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

給料が多少低くとも、常にプレッシャーにさらされるような仕事は避けたい

 

 

 

営業ノルマや実力主義など常に成績を気にする・人間関係がギクシャクしてストレスが貯まる

 

 

 

クレーム対応がメインのコールセンター・サービス残業が多い・土日休めない

 

 

 

精神的に楽な仕事や紹介しますので、体調を崩してしまう前にこれらのような

 

 

 

仕事をしてみることを検討してみてはいかがでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽といえる職種の特徴は

 

 

 

 

 

※ノルマがない

 

 

 

 

 

※電話対応 (コールセンターの一次対応)・クレーム対応がない

 

 

 

 

 

※残業がない・少ない

 

 

 

 

 

※土日祝休み

 

 

 

 

 

※人間関係が良い・風通しの良い職場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気の職種をまとめてみました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事務職

 

 

 

 

 

 

 

事務職は精神的に楽な仕事という認識が広まっており人気があります。

 

 

 

 

 

一般的に来客対応や電話の取次ぎ

 

 

 

 

 

書類のファイリングなど雑務全般

 

 

 

 

 

自分のペースで、任された仕事をこなせばいいだけなので、余計な気配りをする必要がないのがメリットです。

 

 

 

 

 

いわゆるコツコツ系の1つといえます。

 

 

 

 

 

求人で人気があるので募集がかかると埋まりやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビルメンテナンス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネット上で話題の「ストレスのない仕事」といわれビルメンテナンス

 

 

 

 

 

仕事内容はビルの監視室でモニターを見たり、ビルの保全作業や修繕作業をしたり、ボイラーや電気の管理をする仕事内容

 

 

 

 

 

 

 

ビルメンテナンスは24時間交代勤務が多く、月の勤務日数が10日前後になるということ。

 

 

 

 

 

休みが多く仕事とプライベートの両立がしやすいというメリットがあります。

 

 

 

 

 

デメリットは土日休みたいとか・日勤のみという方にはおすすめはしません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施設警備員

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大型のショッピングセンターや複合施設、遊園地・ホテルなどの警備

 

 

 

 

 

道路などの雑踏警備と比べ

 

 

 

 

 

エアコンが効いている職場も多く体力的にも比較的楽といえるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

施設の巡回や、防犯カメラでの警備などが主な業務。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンションの管理人

 

 

 

 

 

 

 

ほぼいるだけ・施設警備に近いものではないでしょうか

 

 

 

 

 

ポスティングの監視や不審者が侵入しないかなど

 

 

 

 

 

警備的な役割

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学職員・学校事務

 

 

 

 

 

 

安定していて福利厚生もあり

 

 

 

 

 

 

 

大学職員や学校事務の仕事は安定していて給料も高め

 

 

 

の安定職といえるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

その分求人の人気が高く・求人がでたらすぐ人が集まる

 

 

 

お宝求人といえるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図書館司書

 

 

 

 

 

 

 

本と向き合うことがメインなので対人関係が苦手な方にも

 

 

 

 

 

 

 

おすすめな職業です。

 

 

 

 

 

 

 

求人が少なめのようなのでこまめに求人サイトやハローワークの求人情報
をチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

求人を見つけるおすすめサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽な仕事は人気です。求人情報がでてもすぐに求職者が群がり

 

 

 

 

 

埋まってしまうのが現実です。

 

 

 

 

 

 

 

おすすめとしてはリクナビネクストに登録していつも求人チェックをするか

 

 

 

 

 

 

 

転職エージェントに面談して希望を伝えておくのがおすすめ

 

 

 

 

 

 

 

まだ公に出る前に教えてくれる場合や非公開求人として公に出ない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

情報を教えてもらえる場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事内容は妥協せず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご自身に合う就業先を見つけて末永く働くのが理想だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

がんばってください(*´▽`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事辞めたいけど上司が怖くて言えない・退職できないなどのお悩みは退職代行がおすすめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

退職代行のご相談はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽な仕事探し・転職サイトおすすめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リクルートエージェント

 

 

 

 

 

転職のリクルートエージェントは約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1

 

 

 

 

一般公開している求人・非公開求人含め・10万件以上の転職求人情報

 

 

 

※応募が殺到しすぎるお宝求人・企業戦略上一般公開できない重要求人・非公開にせざるを得ない魅力的な求人も多数)

 

 

 

各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介

 

 

 

求人の紹介だけではなく職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職サポート

 

 

 

 

 

 

リクルートエージェント 無料転職相談はこちら

 

 

 

 

 

 

http://r-agent.com/

 

 

 

 

 

 

 

まずは転職求人を探したいという方へおすすめリクナビNEXT

 

 

 

 

スカウト機能を利用すれば企業から直接オファーがくる場合もあり

 

 

 

 

 

リクナビNEXT・無料登録はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DODAエージェントサービス

 

 

 

 

 

転職のプロに相談できる転職サイト・業界・職種に精通した

 

 

専任のキャリアアドバイザーが応募書類の書き方指導や、

 

 

万全の面接対策/客観的な立場から適性を活かせる仕事をアドバイス

 

 

 

 

 

 

DODA 無料転職相談はこちら

 

 

 

 

 

 

https://doda.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パソナキャリア

 

 

 

 

 

正しい転職とは何か。各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度から

 

 

 

キャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランをアドバイス

 

 

 

業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人

 

 

 

 

 

 

パソナキャリア 無料転職相談はこちら

 

 

 

 

 

 

 

http://pasonacareer.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リクナビNEXT

 

 

 

 

リクナビNEXTは転職者向け専用サイト・どんな転職求人があるのか調べてみたい方へおすすめ

 

 

 

職務経歴書作成・企業からの直接オファーがもらえるなど無料登録で使えるサービスが豊富

 

 

 

 

 

 

リクナビNEXT・無料登録はこちら

 

 

 

 

 

 

https://next.rikunabi.com/

 

 

 

 

 

 

 

転職の相談ならリクルートエージェントがおすすめ・キャリアアドバイザーが全面サポート

 

 

 

 

 

 

リクルートエージェント 無料転職相談はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転職サイトコラム

 

 

 

今の職場から転職して苦痛から脱出したいと思っているけれど、生活や将来の不安からうつ病にななることがあります。もし、うつ病になると、治療は医師との共同長期計画のようなものになりますし、生活費のことでもっと心配ごとが増えます。新天地を求めて求職者としての立場になる転職活動期間に突入すると、描いた計画のようにはいかずにもうだめだと感じて、苦痛からの脱出そのものが無理に思えて思考がフリーズすることも多いです。
一人で解決してしまおうと、もっと行動を広げてしまう前に早く、専門家に相談のできる窓口を探して訪問しましょう。
時と場合によっては、転職に失敗することもしばしば見られます。
やっぱり、転職前の仕事が良かったと思ってしまったり、待遇が悪くなったり、新しい会社になじめなかったりすることもあります。

 

 

 

転職が上手くいくには、十分に調べる事が大切です。

 

 

 

さらに、自分を売り込む事も大切になります。

 

 

 

気持ちが先走る事無く取り組んでください。

 

 

 

転職するのに一番よい方法とは、すぐに会社を退職せず、在職したまま転職先を見つけ、転職先が決まったら、辞表を書くことです。

 

 

退職後に転職活動を始めた場合、転職先がなかなか決まらないと決まらなかったらどうしよう、という焦りを感じ始めます。

 

 

 

あるいは、経済的にやっていけない不安がでてくるかもしれません。

 

 

だから退職する前に探すことがベストです。もう一つ言えることは、一人で転職先を見つけようとせず、誰かに相談するのもよいでしょう。

 

 

 

転職の志望動機として、重要になることは、ポジティブで仕事への意欲が伝わるような内容です。自分の成長につながりそうだとか、前職で経験してきた事項や習得してきた能力を活かすことができそうといったポジティブな志望動機を考えてみてください。できれば、その会社の特長に合った志望動機をまとめることが望ましいと考えられます。

 

ですから、ホームページ等で十分な下調べを行うことが重要でしょう。より良い仕事につくために取っておくと良い資格もあることですから、転職を考える際には取得も視野に入れましょう。

 

 

 

今までとは違う分野に転職するなら特に、未経験なのですから、他に志願している人達の方が有利になるので、その業種において使える資格を前もって取るときっといいでしょう。ですがもちろん、資格だけ持っていれば採用にこぎ着けられるという考えは間違いです。転職すると決めた先が異業種である場合、転職できる先がないじゃないか!ということがあるものです。転職をしたい人がまだ未来ある若者であるならば採用時に経験の有無が問われないというパターンも考えられますが、四十路に差し掛かっているような人々はより低い成功率でしょう。

 

 

 

ですが、求人募集が常に堪えないような業種に飛び込んでいけば労働条件という概念は放棄することになりますが転職というハードルを乗り越える日が近付くことでしょう。

 

転職しやすい時期は、3月や9月頃は求人を出す会社が増えます。もし2年以上勤続していれば、長く働くと判断してくれるでしょう。

 

職種の希望がある場合、習慣的に求人情報を確認して、募集があればすぐに応募するといいです。募集の条件が、欠員が出た場合のみの職場は、時機を読むのが難しい事もあります。
新しい職場を探す際には、こざっぱりとした恰好で人事の人と向き合い前向きに生きている方だと思わせるように行動しましょう。尋ねられると予想されることは最初から用意されていますから、先に煮詰めておいて、端的にいえるよう練習しておいてください。

 

 

何と言っていいかわからなくなったり、後ろ向きなもの言いは好まれません。

 

 

貫禄のある態度でのぞみましょう。

 

実際に、転職を考える時に重要になってくるのは、多くのリクルート情報の中でニーズに適う転職先を見つけ出すという点です。

 

 

 

そうするためには、様々な手段で求人広告を調べましょう。
中にはここだけの求人情報もあったりするので、ある程度の数の転職サイト・アプリを使った方がよいでしょう。ある程度時間をかけて熟考して転職を成功させましょう。
スマホが生活に欠かせないあなたには、転職アプリはすごく使えます。

 

お金も通信料しかかかりません。

 

面倒な求人情報の検索から、応募まで、いつでも簡単に行えます。求人情報誌やハローワークってかなり面倒だったんだなー、と思うくらいすごく楽だし、使いやすいです。とはいえ、あなたがとの転職アプリを選んだかによって、ついている機能や使い方が変わってくるので、レビューなどで確認してください。

 

一般的に、転職活動をする時に用いる履歴書では、自身の職歴を簡潔に、かつ分かりやすく書きましょう。

 

どのような業務をしてきたのかが伝われば、実際に職場でどんなふうに成果をあげられるのか、担当者も書類選考を行いやすくなります。もうひとつ気をつけていただきたいのが顔写真で、街角の写真ボックスなどではなく、撮影スタジオで、撮影してもらうのがベストです。
もし、書き間違いをしてしまったことに気づいたら、新しい履歴書を用意して、書き直しましょう。たとえばUターン転職をするとしたとき、希望する地域の求人情報を得るのにひと苦労するかもしれません。でも、転職サイトを使ってみたり転職アプリを駆使すれば、地元の求人情報を得やすくなるうえに、応募さえすることができますよ。たくさんの求人情報からあなたにふさわしい転職先と巡り合えるように、活用できるツールであればなんだって利用してみるようにしましょう。

 

 

転職サイトをのぞいてみると、他の媒体では入手できない求人情報を見付けることができるでしょう。しかも、効率的に転職活動を行えるようアドバイスをもらうこともできるのです。利用は無料ですから、ネットが使えるのなら活用しないのはあまりにもったいないことです。新たな仕事を探す手段の一つに、ぜひとも活用してみましょう。

 

 

転職と言えば、自己PRに苦手意識がある人も多いと思います。

 

 

まだ自分の良さが理解できていなくて、上手に主張できない人も結構います。
転職用サイトの性格診断テストを使用してみたり、周りの人に頼んで教えてもらうという方法も良いでしょう。

 

 

そして、その会社に転職することができた場合、どんな風に役立てるのかもお考えください。いわゆる飲食業界の人が異業種への転職を成功させるのは難しいものだと耳にします。
飲食業界の労働条件ではものすごくたいへんな思いをせざるを得ない働かなければならないという人がたくさんいて、将来を不安に思って転職を考え始めたという場合も少なくはないようです。

 

 

 

体調に不備がでてきたらさらに転職の可能性は狭まりますし、どうぞお早目の転職活動をおすすめいたします。